fc2ブログ

プロフィール

ぶぶまま

Author:ぶぶまま

カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

小巻の腎臓血管造影検査~後編

星のライン

いよいよ診察室に入って、先生から検査結果を聞きました。

結果。。。
ジャジャーン!!!

「特に異常なし」

ホッ!!!

造影剤の流れは全く正常だったとの事でした。

造影検査前の血液検査もレントゲンでもやはり異常はありませんでした。

造影剤が腎臓に流れ、尿管を通って膀胱へ流れて行くまでの画像を順を追って見ながら説明してくださいました。
やはり、解りやすくテキパキと要点を押えてお話してくれます。
造影剤が流れ込んだところは、白い影になって見えるのですが、腎臓もきれいな豆型に写っていたし(大きさは32ミリとちょっと大き目の空豆みたいです)、尿管の位置や形(片側の尿管が1ミリほど太くなっているけれど問題ないとの事)腎盂もはっきり写っていたし、膀胱まで流れていく間に異常は認められないということでした。
と言うことは血液が腎臓にちゃんと流れて、腎臓で作られた尿もちゃんと膀胱に送られている、と言うことになります。
その間で何か、例えば炎症があるとか腫瘍があるとかいった場合には、その部分に造影剤が残って時間が経ってもそこだけ白い影が残るそうで、小巻の場合は造影剤が流れ過ぎた所にはそのような白い影が残っていないので腎機能は正常に働いていると言う事になります。
ひとつだけ、膀胱に溜まっている尿を尖針で採取して調べたかったそうですが、朝の散歩で出してしまった後、水を呑んでいなかったので膀胱はほぼ空っぽ状態。
結局調べられなかったのですが、他の検査結果から推して大きな問題が潜んでいる可能性はないと思われます。

結果を聞いて、一安心いたしましたが「それじゃあ、潜血が続くのはなぜ?」と言う疑問が残ります。
ここ一ヶ月の尿検査で、どうして潜血が治まらないのでしょうか?
お薬も、泌尿器関係に使う止血剤や抗生剤を組み合わせを変えて試みられているので、大体これで治まるはずらしく、かかりつけの先生の判断は正しかったと言えるようです。

こちらの先生にも、何が原因なのか今回の検査だけでは答えは出せないそうです。
もしかしたら、器質的な事が原因なのかもしれません。

またこれ以上の検査は、MRIかCTを撮らなければならず、受けるとしたらやはり大学病院へ行くことになります。
MRIやCTで撮ってもはっきり原因を突き止められないことも多く、小巻のような症状(どこにも問題はないのに潜血がみられる)の場合、猫ちゃんには多いと言うことでしたが「特発性腎不全出血」と言う診断になり、潜血によって貧血などを引き起こしていなければ、程度によっては投薬治療もナシで、定期的な尿検査を受けながらの経過観察になるようです。
また、新しい病名?症状?を知りました。
それに、MRIやCTの検査が必要と思われる部分が全く見当たらないそうなので、今回の検査で充分かと思います。
小巻の精神的な事を思ってもこれ以上続けてストレスを与えては、別の障害が出て来そうですから。

「せっかく遠くからお越しいただいたのに、原因が突き止められず申し訳ありません」と先に先生に頭を下げられてしまいました。
でも、私としては最悪の場合も想定していたので、そうではないことが解っただけでも救いになりました。
くよくよ考えずに前向きな気持ちになれたので、決して無駄足ではありませんでした。
お礼を申し上げるのは私の方です。
血管造影検査の結果をCDに移してもらって、かかりつけの先生にお渡しすることになり、検査してくださった先生も直接電話を掛けて今後の対応を相談して見ますから、とまで言っていただきました。
いろいろな面で細かく配慮していただき、いい病院に巡り合えて幸運でした。

エコー検査の際、「ガウガウ」暴れる小巻を宥めて押さえていてくれたスタッフの方も、ずっと優しい声で「ごめんね、怖くないからね~ もうすぐだよ~」って小さな声でささやき続けてくれてました。
二人掛かりでしたが。。。
当たり前の事でも、不安を抱えて検査を受けている側にとっては、たった一言掛けてくれるだけでも優しさが身に沁みるものですね。

会計の際にも、HPで検査料金の案内が出ていたので大体の金額は目安が付いていたのですが、エコーやレントゲン、血液検査もやっていただいたので、どのくらい追加が出るか、持参したお金で足りるかしら?とちょっと心配でしたが、血管造影検査料金とほとんど変わらない金額で、その点でも良心的な病院と思いました。

想像していたよりも、こじんまりとしていましたがスタッフの方もたくさんいらして、皆さん気持ちよくテキパキと動いていらして、もし近くにあったら今のかかりつけの所とどちらにかかるか迷うんじゃないかなあ、と思ったりしました。

病院を後にして、帰り道途中で空腹MAX の小巻さんに、フードを少しあげて帰路につきました。
その時の小巻の「ホントに何なのよ!もう!!!」って感じでがっついてる姿を見て、なんとなくやっぱり大丈夫そうな気がして来ました。

腎泌尿器関係の異常は食欲の減退も目安のひとつとなるようですよ。
全くヤレヤレです。。。

星のライン



検査結果のCDをかかりつけの先生の所によって、検査の報告がてら寄りました。
ちょうど、話し終えて帰ろうとしていたら、早速新宿の病院の先生から電話が掛かって来ました。
対応の早いのも、それだけ親身になって診ていただけたと言うことでありがたい事ですね。

かかりつけの先生も、泌尿器専門の先生と良く相談して、今後の方針を決めましょう、と言われ4,5日時間をくださいとおっしゃいました。

とりあえず、この日の検査で一段落着いて、ほっとしました。


KIMG0203 (1) (240x320)
帰りに寄ったかかりつけの病院での小巻です。
うんざり感がよく出てるでしょう?



KIMG0200 (320x240) 
この日に受けた血液検査の一部。
どの数値も正常範囲内です。不思議ですね~

星のライン




今回の件で、動物病院についてもいろいろ考えさせられたりしましたが、それはまた別の機会に記事にしてみたいと思います。

いつになるかは、エヘヘヘ。。。お楽しみ!かな?

文章ばかりの長文を読んでくださってありがとうございました。 

スポンサーサイト



テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメント

Secret

No title

小巻ちゃん、異常なしということで、本当によかったですね!
私もほっとしました! (*^^*)
ではどうして潜血が治まらないのか……という疑問は残りますけれど、
腫瘍がなかったのですし、怖い病気でもなかったのですから、
一安心ではないでしょうか。
この結果を踏まえて、小巻ちゃんにとって一番いい治療方針が
固まるといいですね。
ぶぶままさん小巻ちゃん、本当にお疲れさまでした。

No title

小巻ちゃん!
特に異常なし!よかったぁ(*^。^*)
それにしても・・・
小巻ちゃんが!どれだけイヤだったか!
写真を見れば!すぐにわかります(笑)
でも…本当によかったです♪

No title

naomikaさん

小巻を心配してくださってありがとうございます。
調べてみたら「特発性腎出血」は人間にもある病気なんですね。
(記事中腎出血が腎不全になっていました。大間違いですので、訂正いたしましたm(_ _)m)

今後は、月一の尿検査でお薬は無しで経過観察して行くことになります。
田舎に住んでいますので、小巻は東京の空気に疲れたみたいでした (´д`)



No title

candy❤popさん

検査前は悪いことばかり想像して気が重かったのですが、
大きな問題がないことが判ってホッとしました。
当の小巻は、知らない場所で知らない人にあちこち触られ、
おまけにお腹が空いてるし。。。
大ブーイングでした。

写真を撮った頃はもうヨレヨレ~(゜´Д`゜)

それでも、こうして明るいリコメが出来て良かったです!

♡ U^エ^UU゜エ゜U♡
といぷのじょでぃ(Boy)&
しーずのとっと(Girl)です
よろしくね(^_-)-☆
ミサップル カルーセル
くるくる回る カルーセル
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたも一言!!
QRコード
QR